気温の変化による抜け毛

抜け毛は季節の変わり目に多く見られますが、気温の変化によっても抜け毛が多くなる場合もあります。これは四季の移り変わりが激しい日本特有のものかもしれませんが、その仕組みを以下に説明します。

「秋が短い」年は抜け毛が増える?

猛暑が続いた場合等、当然ですが大量に汗をかきます。そして、その汗と共に大量の「皮脂」も分泌されます。その後、気候は秋から冬へと移り変わっていきますが、秋らしい気候や気温が無い年もありますよね?そういった「秋」を飛ばして突然「冬のような寒さ」や「湿度の低下」が起こった場合、夏場に分泌された皮脂が一気に角化してしまい、それが抜け毛の原因となってしまうのです。

日本は四季の移り変わりがはっきりとしており、春から夏、夏から秋、そして冬と、その移り変わりを気温や景色の変化で感じ取ることが出来ます。しかし、年によっては先程説明したように、秋らしい気候を一気に飛ばして気温が下がる年もあるのです。

そういった気候の突然の変化に体が順応できず、体調を崩す人も多く見られますが、抜け毛も通常に比べてはるかに多くなるのです。こういった気候の年は、発毛(AGA)外来に抜け毛の相談に来る患者さんも増えるそうです。

別ページでは、秋口の薄毛、脱毛に対する詳細と、その対策方法をいくつかまとめています。以下のページも併せて確認してみてください。

>>秋の薄毛・脱毛症対策

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク