ラウリル硫酸Naが入っていない話題の育毛シャンプー GP.アロマシャンプーを使ってみた

現在、私が愛用しているシャンプーは2種類ありまして、オーセルのオアシス天然シャンプーシャボン玉石けんの無添加石鹸シャンプーを利用しています。泡立ちが若干弱いオーセルの前流し用(プレシャワーリング)として石鹸シャンプーを利用しているのですが、汗をたくさん搔いた日や、整髪料をがっつりと利用した日に限定した利用方法となっており、通常はオーセルのみで洗髪を行っています。

何故この様な使い方をしているのか?それは、高価なオーセルのシャンプーを節約するためです。普通にオーセルのみで2度洗いすれば良いのですが、それだとシャンプーも減るのが早くなってしまいます。なんともケチくさい話ではありますが・・・。

ちなみに、アミノ酸系と石鹸系のシャンプーを併用することは良くないのかもしれませんが、今のところは頭皮環境に異常はありません。もう1年以上、同様の方法で洗髪を行っていますが、異常な抜け毛が増えたとか、痒みや湿疹が出てきたといったことはありませんでした。私の頭皮環境ではこの方法が適しているのかもしれませんね。

目次

再び育毛シャンプーを利用してみる

私は過去に、ウーマシャンプー等の育毛シャンプーや、サロンで販売されているようなシャンプー等を利用してきました。いくつかのシャンプーを試した後、現在はオーセルのオアシス天然シャンプーに落ち着いていたのですが、容器が空になったタイミングで、久々にシャンプーを変更してみることにしました。

2014102100

新たに利用を開始したシャンプーは、株式会社エスロッソさんで販売されているGP.アロマシャンプーという育毛シャンプーです。GPはグロースプロジェクト(Growth Project)の頭文字をとった「GP」という意味です。とある縁があってこのシャンプーを知ったわけですが、久々に「育毛」を謳っているシャンプーの利用に期待で胸が膨らんだことは内緒です。

2014102101

左がシャンプーで右がコンディショナーです。オシャレで上品な容器は真っ黒に見えますが、薄っすらと中身が透けて見えています。内容量はそれぞれ300ml(コンディショナーはなぜか300gの表記)。シャンプー・コンディショナー共に、合成香料や着色料は使われていません。

2014102102

成分表。クリックで拡大できます。ラウレス-4カルボン酸Naとラウレス-5カルボン酸Naの表記を見て、「ん?」と感じた人は少なくない筈。「ラウレス」の文字に一種のアレルギー反応を起こしてしまう人もいるかもしれませんが、この成分は巷で悪者扱いされているラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naとはまったく別物の洗浄成分です。

カルボン酸Naは、超簡単に言ってしまえば、「市販シャンプーでは利用できない高価な洗浄剤」です(語弊はあるかもしれませんが)。低刺激かつ低残留性でありながら、洗浄力も強すぎず弱すぎずの絶妙のバランスを保つ洗浄剤として注目を集めているようです。

また、現存する洗剤の中ではおそらく最も生体洗浄に向いた洗剤であるということです。ちなみにこの成分は酸性石鹸系に属しており、高級アルコール系に属しているラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naとは構造からして違いのある洗浄剤です。

育毛シャンプー GPアロマシャンプーの詳細

個人的な感想を交えた使用感等

使ってみて真っ先に感じた点が二つ。モコモコとした濃厚な泡立ち具合と、ユーカリの甘い爽やかな香りです。オーセルとくらべても、泡立ち具合は断然に良いです。ユーカリの香りは好みが別れるかもしれませんが、個人的には大好きな香りです。「アロマシャンプー」の名前の通り、香りを楽しみながら洗髪を行うことができます。

シャンプー自体は少し黄色がかった透明感のある液体です。手のひらで泡立てると、フワっとした泡がモコモコと出てきます。この泡がGPアロマシャンプーの「肝」の部分らしく、髪の毛や毛穴の汚れを優しく包み込んでしっかりと落としてくれます。

そして、この項目の最初にも書きましたが、泡立ち具合が非常に良い!汗をかいた後や整髪料を使った日であっても問題なく泡立ちます。アミノ酸系シャンプーでありながらもしっかりと泡立ちますので、すっきりさっぱりと洗い上げている感触も得られます。これなら前洗い用に利用していた石けんシャンプーは必要無いですね。

洗髪中の髪の毛に対する指通りも非常に滑らかです。髪の毛が指に引っかかって抜けてしまうようなことはありませんでした。洗い心地はオアシス天然シャンプーと同様かそれ以上でしょうか。ユーカリの香りが心地よくて、洗っている最中に深呼吸を何回もしてしまいます。

私はあまり重要視していませんが、GPアロマシャンプーはノンシリコン。ですが、ゆすぎ後も髪の毛の軋みやゴワつきはまったくありませんでした。しっとりさらさら系ですね。

また、ドライヤーで乾かした後に、フワっとした感じで髪の毛全体(特にトップの部分)にボリューム感が出る点もいいです。これは翌朝も継続しており、1日が経過しても髪の毛がベタッとしません。

この作用はシャンプーだけでなく、コンディショナーも一役買っていると思いますが、以下で紹介している天然成分達が頭皮や髪の毛のダメージケアを行っている結果だと感じます。

肝心の育毛成分はどうか?

GPアロマシャンプーには、様々な育毛成分が含まれています。これらは全て天然成分となっており、頭皮にとって有益な作用をもたらします。

グリチルリチン

甘草の根から抽出された成分です。頭皮の洗浄・整肌効果に優れ、フケ・かゆみを抑えて頭皮のダメージを予防する作用があります。

ヒノキチオール

ヒノキの樹皮から抽出された天然成分です。浸透力が高く、髪の毛のダメージを抑えてハリやコシを与える作用があります。また、殺菌作用や抗菌作用が高いことでも有名な成分です。

加水分解シルク

蚕の絹繊維(シルク)を構成するタンパク質に含まれている成分。保湿効果や皮膚膜の形成作用があります。この作用が紫外線や乾燥を防ぎ、頭皮や髪の毛を守ってくれます。乾燥や紫外線は頭皮にとってダメージの大きな要素でもあります。

パンテノール

水溶性ビタミンとも。肌を元気に保つ働きがあり、頭皮の弾力や保湿性を強化します。頭皮が固くなってしまうと、髪の毛は生えづらくなってしまうため、頭皮を柔らかく(弾力がある)保つことは、育毛を考えた上でも重要な要素となります。

センブリエキス

髪の毛にハリやコシを与え、ボリュームのある髪の毛に導く作用があります。センブリの全草から抽出された成分です。

これらの天然成分以外にも、育毛作用があると言われているゴボウ根エキス(ごぼう茶と育毛の関係)や、ニンニク根エキス、抗酸化作用や血行促進作用のあるオランダカラシエキス(クレソン)などが配合されています。

また、爽やかな甘い香りによる心身のリラックス作用が主な目的となっていますが、ユーカリの葉油エキスも頭皮環境のダメージを修復し、清潔に保つ作用があります。

育毛成分の一部はコンディショナーにも含まれていますので、両方をセットで利用した方が育毛効果は高くなる気がします。

育毛シャンプー GPアロマシャンプーの詳細

乾燥肌でも脂漏性の頭皮環境でも利用出来る育毛シャンプー

どの様なシャンプーであっても、自分の頭皮環境に合わないものを使い続けていては意味がありません。頭皮環境は人それぞれなので、自分に合うシャンプーを探すためには、幾つかのシャンプーを実際に利用するしか方法はありません。

私はシャンプーを詳しく解析するような経験や知識を持ち併せておらず、個人的に気に入ったものを中立的に紹介しているだけなので、今回紹介したGPアロマシャンプーが全ての人に合うかどうかはわかりません。

個人的には、次世代の洗浄剤であるカルボン酸Naが利用されている点と、シャンプーの場所を「気分が安らぐ大切な時間」と考え、ユーカリの甘い香りで心も頭皮もリフレッシュするという商品コンセプトが気に入っているのですが、使ってみた感想としては、敏感肌であっても脂漏性で皮脂の分泌量が多いという人でも安心して利用できるのでは?と思いました。

洗浄力が他のアミノ酸系シャンプーよりも強いため、脂漏性の人でもしっかりと皮脂を落とすことができると思いますし、また、アミノ酸系特有の弱酸性+優しい洗浄力は、乾燥肌の人であっても安心して利用できます。

私の頭皮は、以前よりはマシになったとはいえ(日々の頭皮ケアのお陰?)、乾燥気味でちょっとした刺激で痒みやフケが発生してしまう程の敏感肌です。しかし、GPシャンプーを利用したことで、これらの症状が悪化するということはありませんでした。

暫くはこのシャンプーを使ってみて、頭皮環境に異常があればまたオーセルに戻したいと考えていますが、現状ではその必要は無いかな?と考えています。まずは3ヵ月ですね。経過も含めて、また何か気づいたことがあれば記事を追加したいと思います。

頭皮環境に悩んでいる人や、薄毛や抜け毛が気になりだしたという方は、このシャンプーも候補に入れてみてください。


育毛シャンプー GPアロマシャンプーの詳細

育毛シャンプーだけでは毛は生えない?!

育毛シャンプーを使っておいて言うのもなんですが、個人的には育毛シャンプーだけで髪の毛が生えてくることは無いと考えています。育毛シャンプーはあくまでも「育毛」が目的であって、「発毛」に関してはミノキシジルフィナステリドが受け持つ領域です。

育毛シャンプーの正しい使い方

ただし、上記の記事の中でも書いていますが、育毛シャンプーによって「髪の毛が育ちやすい頭皮環境」をつくり上げることは可能です。頭皮環境が悪化することによって、細くて短い抜け毛が増えてしまいます。

豊かな土壌では作物がスクスクと育ちますが、それと同じことが髪の毛にも言えるわけで、丈夫で抜けにくい髪の毛に育つ前に抜け落ちてしまっては、薄毛が目立つようになってしまいます。

そうならないためにも、頭皮環境に不安を感じているのならば、GPアロマシャンプーなどの育毛シャンプーを利用することは良い選択だと思います。もちろん、シャンプーだけではなく、以下で紹介しているような、頭皮環境を良好に保つための普段の努力も必要な要素です。

髪の毛が寿命を迎える前に抜け落ちてしまい、薄毛となってしまう原因のほとんどはAGA(男性型脱毛症)であると言われています。しかし、だからといって何もせずに手をこまねいているだけでは、何も解決することはできません。

育毛シャンプーを始めとした、様々な日々の努力を行うことで、5年後や10年後に残せる髪の毛の数も増える可能性は高くなると思います。後になって後悔するくらいならば、今やれることをやっておくべきです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク