生活環境による薄毛・抜け毛

最近では、自身が置かれている生活環境によっても、薄毛や抜け毛が発生してしまう要因になってしまいます。AGAに悩んでいる人は、知らず知らずのうちに、髪の毛にとって悪影響が出る生活をしている可能性があります。

ストレスによる脱毛

ストレスは人体にとって様々な影響を与える要因となるのですが、毛髪にとってもストレスは天敵といえます。ストレスは筋肉を収縮させ、毛細血管を圧迫します。すると、その影響で毛根への栄養が不十分となり、毛髪がしっかりと成長しなくなり、ヘアサイクルも乱れてしまいます。

>>ストレスによる脱毛

食生活による脱毛

不規則な食生活による栄養不足も脱毛を招きます。糖分や脂質の多い、味の濃いものばかりを摂っていると、元気な毛髪が育ちにくい頭皮環境となってしまいます。

また、アルコールやタバコも栄養供給がうまくいかない原因です。アルコールは栄養分そのものを作りにくくし、タバコは血液内の酸素・栄養不足を引き起こしてしまします。

本気でAGAを治療するならば、タバコもアルコールもきっぱりとやめるべきです。完全に止める事ができなくても、今よりも控えるといった自制心がなければ、ハゲはどんどんと進行してしまいます。

>>食生活を見直してAGAを予防する

生活習慣による脱毛

ストレスと同様に、生活習慣の乱れが抜け毛の原因になることもあります。食生活の項目でも触れたのですが、特にお酒の飲み過ぎには要注意です。

お酒はほどほどに飲めば、血行がよくなり、抜け毛の防止になる場合もあるようですが、飲みすぎると、体内で必要な蛋白質が不足し、髪の毛の成長を妨げ、このことが抜け毛の原因につながると言われています。

>>喫煙や飲酒の影響による脱毛

睡眠不足も毛髪にとって悪影響です。これは色々な諸説があるのですが、睡眠中の夜間の22時~午前2時頃に、毛髪が一番伸びると言われています。夜更かしをしたり、残業で寝る時間が遅くなってしまうと、髪の毛が一番伸びる時間帯を無駄にしてしまいます。

適度な飲酒はしない、タバコは控える、十分な睡眠とバランスのよい食生活を心がける・・・といったように、規則正しい生活を送るよう努め、生活習慣の乱れによる抜け毛の予防を心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク