一日の抜け毛の本数と平均 ドライヤーやシャンプーで抜ける髪の毛の本数は?

1日に抜ける毛髪の本数は個人差がありますが、成人男性で大体100本程前後と言われています。もちろん、この数字は平均的なものなので、日に50本しか抜けない人もいれば、200本程抜ける人もいますので、あくまでこれは平均値として捉えてください。

関連記事:1日100本以上の抜け毛は禿げる前兆なのか?

1日に抜ける髪の毛の平均は「59本」?

髪の毛の構造と発毛の仕組みのページ内で「硬毛と軟毛」について書いた項目があるのですが、そこでも紹介した日本毛根抜け毛研究会によれば、抜け毛は1日平均で59本とのことです。(2012年7月30日現在)

ただし、日本毛根抜け毛研究会の実験によれば、1日に200本前後の抜け毛があったようです。

>>ホントに髪の毛は1日で何本抜けるのか?

平均を取ったサンプル数の合計が分からなかったのですが、先程紹介した1日に59本という平均の数よりも、随分多いなという印象です。ただ、この抜け毛の実験を行なっている人が薄毛なのかというと、そうでもありませんので、一概に抜け毛が多いからと言って、薄毛の人が多いというわけでもなさそうです。

抜け毛の本数に関して、他にも調べてみましたが、概ね抜け毛の平均に関しては50~100本が平均値となっており、この本数の範囲内であればひとまずは正常ということになるでしょう。

髪の毛が抜けるタイミング

抜け毛に関してもう少し掘り下げて書いていきます。最も毛が抜けるシーンは、やはりシャンプーのタイミングです。1日の抜け毛のうち、50%~70%がシャンプーの際に抜けると言われています。

シャンプー以外で抜け毛が多いシーンを箇条書きにしてみます。

  • ドライヤー時
  • 髪の毛をとかしている時
  • 入用後のタオルドライ(髪の毛をタオルで拭く)
  • 睡眠中

ただし、先程紹介した日本毛根抜け毛研究会の中では、4つ目の「睡眠中」に関しては、あまり抜け毛が発生しなかったという報告もあります。これは個人差もあるでしょう。例えば寝相が悪ければ、枕の上で頭を転がすので、その摩擦によって抜け毛も発生しやすくなります。

関連記事:寝相が良い人は後頭部の抜け毛が起きやすい?

シャンプー時の抜け毛の本数

一日の脱毛のうち、50%~70%がシャンプー時に抜けると言われています。1日に抜ける本数の平均と、先程のシャンプー時に抜ける毛髪の数字を併せてみると、シャンプーの際に抜ける毛髪は約25~70本ということになります。

ここで勘違いしてほしくないのが、「だったらシャンプーをする回数を減らして抜け毛を減らせばよいのでは?」と思わないことです。シャンプーの回数を減らし、頭皮の汚れをそのままにしてしまうと、頭皮にたまった皮脂やフケが毛穴に詰まってしまい、正常に発毛が行なわれなくなってしまいます。

さらに、フケが増えることで頭が痒くなり、無意識のうちにボリボリと頭を掻いてしまうので、頭皮に傷が出来て炎症も起こしてしまいます。頭皮環境を清潔にし、発毛しやすい環境を整えるためにも、その日の頭皮の汚れは、その日のうちにしっかりと落としておきましょう。

もちろん、「洗いすぎ」も頭皮にはよくありません。皮脂を余分に落としてしまうと、防御作用として頭皮はさらに皮脂の分泌を促進してしまいます。1日に一回、シャンプーするだけで十分汚れは落ちますので、頭皮の汚れに対してあまり神経質にならないようにしてください。

関連記事:清潔さも度が過ぎればハゲの原因に?

また、その際利用するシャンプーにも気を配っておきたいところです。市販のシャンプーでは洗浄力が強すぎてしまい、必要以上に皮脂を洗い流してしまったり、頭皮に有益な作用を及ぼす皮膚常在菌(皮膚常在菌と抜け毛の関係の項を参照)を減少させる結果となってしまいます。

頭皮が乾燥気味でフケが多いと感じる場合はアミノ酸系のシャンプーを、皮脂が多くて髪の毛がベタっとしているなら石鹸系のシャンプーを利用するといいでしょう。ちなみに私は、現在はGPアロマシャンプーというアミノ酸系のシャンプーを利用しています。しっかりとした泡立ちと洗浄力のバランスが非常に良いので気に入っています。

このシャンプーの販売元のエスロッソさんですが、最近は横浜DeNAベイスターズのハマスタに広告を出してたりと、知名度がかなり上がってきてるようですね。

ドライヤー時の抜け毛の本数

ドライヤーで髪の毛を乾かす際も、抜け毛は発生します。ただし、勘違いしてほしくないのは、ドライヤーによって抜け毛が発生したのではなく、シャワーやシャンプーを行った際に「抜け切らなかった髪の毛」が抜け落ちているのです。

シャンプーによって抜け落ちた髪の毛が他の髪の毛に絡まり、シャワーで落ちきらなかった髪の毛がタオルドライやドライヤーのタイミングで抜け落ちているのです。ようするに、ドライヤーが原因ではなく、すでに抜けた状態の髪の毛が風圧によって落ちてきたにすぎません。

なので、ドライヤー時の抜け毛も、見方を変えれば「シャンプーの際に抜けた髪の毛」ということになりますね。もちろん、ドライヤーの熱風を頭皮に当て続けたり、クシで乱暴に頭皮を傷つけた場合はその限りではありません。それらの刺激と摩擦で新たな抜け毛が発生する可能性は十分にあります。

正しいドライヤーの扱い方は、当ブログの髪の毛はなるべく早く乾かすにて解説していますので、こちらも一度目を通してみてください。

抜け毛の本数よりも抜け落ちた髪の「質」に注意する

冒頭でも書きましたが、1日の平均的な抜け毛の本数は約59本であり、その振れ幅は50本から200本と人によって大きな開きがあるようです。

髪の毛にはヘアサイクルによる寿命があり、いつかは抜け落ちてしまうものです。それは正常な頭皮環境を持つ人であっても当たり前のことですし、その証拠に髪の毛がフサフサな人ほど、抜け毛の本数も多いようです。

「抜け毛があるということは、生えてくる髪の毛があるから」、という考え方も出来ますね。

ただし、「細くて短い」抜け毛が多い場合は、注意が必要かもしれません。まだこれから成長していく筈だった若い髪の毛が抜け落ちてしまうのは、AGA(男性型脱毛症)の典型的な特徴です。

抜け落ちた髪の毛が太くて長い場合は、それは髪の毛が寿命を終えて自然に抜け落ちたものなので心配はありません。しかし、見るからに貧弱で細く、短くて切れやすい抜け毛が多く見られる場合は、AGAの可能性が高まります。

抜け毛の原因がAGAであった場合は、市販のサプリメントや育毛シャンプー等で治療することは大変難しく、医学的に治療を行う必要が出てきます。

最近では、テレビCMでも「AGA」というキーワードが出てくるようになりました。それだけ、「薄毛を病院で治療する」ということがメジャーになってきたともいえます。しかし、一般的にはまだまだ認知度は低いようです。

AGA

銀座総合美容クリニックは、まだAGAという言葉がメジャーでない頃から薄毛治療の専門クリニックとして、多くの治療に携わってきました。

リーズナブルな治療費と高い治療効果、個人の薄毛の状態に最も適した治療法を提案してくれる点が人気のクリニックです。また、無料のカウンセリングでそれぞれの薄毛の状態を把握することができますので、治療の第一歩として、一度は相談に訪れたい病院の一つです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク