育毛シャンプーの正しい使い方

育毛シャンプーは、その名前だけみればシャンプーするだけで髪の毛が生えてくると思ってしまいますが、育毛シャンプーを使ったからといって、髪の毛が生えてくるわけではありません。中には実際に毛が生えてくる育毛剤もあるかもしれませんが、育毛サプリメントと同様に、あくまで補助的に使用するのが一般的です。

ただし、発毛を促すための頭皮環境を整え、抜け毛の本数を減らすことが出来ますので、育毛シャンプーの正しい使い方を実践してミノキシジルフィナステリドの効果を高めていきましょう。

育毛剤による本格的な薄毛治療を行う前に、まずは育毛シャンプーによる頭皮環境の改善から行っていきましょう。

正しい髪の毛の洗い方

髪の毛の洗い方については、入浴の際のシャワーとシャンプーに関してのページで詳しく纏めていますが、以下に基本的な内容とその流れを紹介しておきます。

プレシャワーリング(前流し)とは、シャンプーを行なう前に十分にお湯で髪の毛と頭皮を洗い流す方法です。この前流しの時点で汚れの70%は落ちると言われています。

前流しが終わったら、次にスカルプマッサージ(頭皮洗い)を行なって、実際に育毛シャンプーを使っていきます。スカルプマッサージ(頭皮洗い)のページで詳しい方法を書いていますが、しっかりとあわ立てながら、爪を立てずに指の腹で頭皮全体をマッサージするように洗っていきます。

最後にアフターシャワーリング(後流し)を行ないます。このすすぎ作業も重要で、育毛シャンプーやリンスの洗い流しが無いように、しっかりと洗い流します。シャンプーが頭皮に残っていると、毛穴を詰まらせたり、頭皮の炎症の元になってしまいます。

シャワーの後は、髪の毛はなるべく早く乾かすのページを参考に、なるべく早く乾かしてしまいましょう。私も昔はそうだったのですが、自然乾燥を行なう人は要注意です。

おすすめの育毛シャンプー

最後に、いったいどういった育毛シャンプーを使えばよいのかについて書きます。

まず、自分の頭皮に合ったものを使うことが大切です。口コミでの評価もよく、テレビCMでも有名だからといって、その育毛シャンプーが無条件であたなの頭皮に合うとは限りません。期待を持って使用したのに、頭皮に炎症を起こしたり、さらに抜毛が増えてしまったという報告はあちこちで見かけます。

育毛シャンプーは、あくまで発毛の手助けを行なうものです。だからといって育毛シャンプーが必要無いというわけではありません。適切なAGA治療においても、育毛シャンプーを使って頭皮を発毛しやすい状態に整えることは重要とされていますし、実際にミノキシジルやフィナステリドを含む育毛剤を使ったとしても、発毛しやすい頭皮環境が整っていなければ、発毛効果が減少してしまいます。

育毛シャンプーをしばらく使っても抜毛が減らず、炎症やかゆみといった症状が現れるようなら、すぐに使用を停止して、発毛外来等でアドバイスを受けることをお勧めします。発毛外来であれば、あなたの頭皮の状態をチェックして、適切な育毛シャンプーを勧めてくれたり、具体的なAGA治療の説明をしてくれます。

・・・と、いうわけで、私個人としては、育毛シャンプーという呼び方ではなく、「育毛補助シャンプー」という認識で扱っていきます。その上で、おすすめのシャンプーを幾つかまとめてみましたので、参考にしてみてください。

断っておきますが、この項目で紹介しているシャンプーは、様々なシャンプー解析サイトや口コミの総合評価、含有されている成分等を総合判断した結果、頭皮に優しく、発毛補助効果が高そうな商品のみを紹介しているだけです。実際に利用したものは個別でページを作っていきますが、全てを利用しているわけではありませんので、あしからず。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク