眼精疲労とAGAの関係

眼精疲労が抜毛や薄毛に関係があるというのは、あまり知られていません。少し以外な「眼精疲労」とAGAの関係ですが、以下ではそのことに関して、紹介したいと思います。

目の疲れがストレスを招く

現在の職場では、PCで作業を行なうことは当たり前となっています。デザイナーやIT関連の職場でなくても、メールの送受信や細かい見積りの作成、資料の閲覧等、パソコンを使用する時間は多かれ少なかれ、誰でもあります。しかし、PCを使うことで目は疲れますし、それが長時間続くと、眼精疲労の原因となってしまいます。

そして、これらの症状は眼精疲労からくるものが多く、目がしばしばしたり、こめかみの辺りが痛くなったりします。長時間の目の酷使は、血行不良や肩こり、頭痛を引き起こし、それらの症状がストレスとなって体を蝕んでいきます。

ストレスは抜毛や薄げの原因となりますので、眼精疲労が結果として、AGAと関係してくるというわけです。

肩こり・首のコリを改善する

別項でも詳細にページを作成していますが、眼精疲労は肩こりや首のコリとも深いかかわりがあります。眼精疲労や肩・首のコリを全て含めて「頭皮のコリ」と考えると、抜毛・薄毛の原因は血行不良による影響も大きいように思えます。

長時間のPC作業は、同じ姿勢で同じ場所を見続けることになりますので、目からその周辺、首、肩が同じ箇所で固定されたままになってしまいます。そうなれば、当然その付近の血流は悪くなりますから、疲労物質である乳酸等を血液によって運ぶことができず、それが「コリ」の原因となって様々な症状を招いてしまうのです。

首や肩、目も含めて、これらは全て「頭」の一部です。当然、その頭の一部に頭皮も含まれています。肩や首の血流が悪くなれば、頭皮へ運ばれる血の流れも悪くなり、酸素や栄養素が運ばれなくなりますので、それがAGAの原因の一つとなってしまい、抜毛や薄毛に繋がってしまうというわけです。

頭皮に関係の深い目や肩、首の周辺の血行が正常でなければ、頭皮にも正しい血流が行なわれていないことになります。

>>肩・首のこりを解消して血行を促進する

以下のようなタイプは要注意

職業柄、PCを良く使う人は眼精疲労を抱えやすいといえますが、それ以外でも眼精疲労となってしまう要因はたくさんあります。以下に挙げたタイプにあてはまる人は、眼精疲労による脱毛に気をつけたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク