加齢による毛母細胞の不活性化

人はみな平等に年を取り、そして老化現象は誰にでも訪れます。老化によって筋肉や骨は衰え、若い頃のような体力も無くなってしまいます。そして、年をとると髪の毛も抜け落ちたり白髪が増えたりします。これも加齢による細胞の不活性化による影響です。

加齢による細胞の不活性化

加齢によって毛母細胞の働きが弱まってくると(不活性化)、それに関係する他の働きも弱まってしまいます。

例えば、毛母細胞が司令塔となって、各細胞へと伝達する「発毛シグナル」も弱まり、ヘアサイクルの間隔も乱れてしまい、徐々にその間隔(髪の毛が生えてくる時間までの時間)は長くなっていきます。

そして最後には、毛母細胞の分裂回数が終了してしまい、髪の毛は二度と生えてこなくなるのです。

髪の毛のためにもアンチエイジングを行なう

本来、人間の老化は自然な流れであり、どうすることも出来ない現象ではあるのですが、最近ではこの老化の進行を遅らせるための試みもあります。それが「アンチエイジング(アンチ・エージング、アンチ・エイジングとも)」と呼ばれる、抗老化医学(こうろうかいがく)です。

この抗老化医学は「積極的予防医学」の一種で、老化を防ぐために行なう行為の総称です。一般的にはアンチエイジングという名称で広く認知されており、適度な運動や節制を心がけ、体の老化の進行を遅らせることを目的とします。

そして、アンチエイジングは健康的な髪の毛を生やすためにも、是非取り入れていきたいところです。

アンチエイジングに関しては以下のページでも紹介していますので、宜しければ参考にしてみてください。

>>毛母細胞の活性化で育毛促進(作成中)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク