白髪染めトリートメントで白髪対策

最近、多くの方が支持している白髪染めにトリートメントタイプの白髪染めがあります。このタイプの白髪染めは、毎日の入浴の際に、トリートメントを行なうついでに白髪染めを行なうことができるので、そのお手軽さから最近の主流となりつつあります。

白髪染めを使いたくても、頭皮が薬品に敏感なために炎症やかゆみを伴う体質であれば白髪染めが使えません。また、薬品に対してアレルギーを起こす可能性もあり、アレルギー体質の人も気軽に白髪染めを使うことはできませんでした。

そういった人達のために開発されたのが、天然由来成分で構成された白髪染めトリートメントです。主にヘナやクチナシ、ウコン、アナトー、シコン等を使用しますが、これらの植物は天然由来のものなので、頭皮に炎症を起こしたり、アレルギーを起こすといったトラブルの心配が無いので、誰でも安心して利用することができるという、大きなメリットがあります。

また、白髪染めとは違い、トリートメントタイプは1錠と2錠を混ぜて染料を作る必要も無く、手間もかなり軽減することが可能です。使い方も至って簡単で、毎日のトリートメント代わりに使用するだけです。使うたびに白髪を染めてくれますので、全体的に色ムラが少なく、綺麗な仕上がりを実現してくれます。

白髪染めトリートメントのメリット

まず、一番大きなメリットとして、毎日の入浴の際に「ついで」に白髪染めを行なうことができる手軽さです。通常、白髪染めを行なった後、2~3ヶ月もすれば新たな白髪が生えてきますので、その都度部分染め(リタッチ)を行なう必要があります。

しかし、白髪染めトリートメントは毎日の入浴で白髪染めを行なうことができるため、とても手軽で簡単です。

次に、その仕上がりの綺麗さもメリットに挙げられます。従来の白髪染めは、かなり慣れた人でないと、仕上がりに”ムラ”が出来てしまいます。特に、鏡では見ることができない後頭部や頭頂部などは、色ムラが発生しやすく、仕上がりに不満が出てしまう要因となっていました。

その点、白髪染めトリートメントなら、毎日のトリートメントとして白髪を染めることができ、尚且つ髪の毛全体に「均一」に馴染ませやすいので、色ムラが発生しにくいという特長があります。さらに、色ムラが出来やすい「髪の内側」までしっかりと染めることができるため、仕上がりが大変綺麗になることも、人気の秘訣ではないでしょうか。

他にも、白髪染め特有のツーンとした刺激臭もまったく無く、化学成分も排除した天然成分で構成されたトリートメントとなっているため、頭皮への刺激も少ないという特徴があります。

染め直しが不要

メリットはまだあります。それは、染め直しが不要という点です。

従来の白髪染めは、2~3ヶ月に一度は部分染め(リタッチ)を行ない、新たに生えてきた白髪を染めなおす必要がありました。しかし、毎日の入浴時に全体的にムラ無く白髪染めを行なえるトリートメントタイプでは、そういった染め直しは必要ありません。

トリートメントタイプの白髪染めは、先にも書いたように「毎日の入浴で使用」できるという点が大きなポイントです。白髪が新しく生えてきても、その都度染め上げることができますので、生え際や髪の根元の白髪がいつまでも目立たないというメリットがあるのです。

ちなみに、白髪染めトリートメントには「天然のトリートメント成分」がふんだんに配合されています。従来のトリートメントと比較しても、引けをとらないほどの優れたトリートメント効果を実感することができますので、普段使用しているトリートメントを白髪染めトリートメントに変更するだけでも、現在の髪の毛の質を高めることも可能です。

>>おすすめの白髪染め

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク