運動不足とAGAの関係

適度な運動は血行を改善し、ストレスを発散する効果があります。ホルモンバランスを整える働きもあり、毛母細胞も活性化され、毛根の活動も促されます。適度な運動は毛髪だけでなく、体の健康のためにも役立つのです。

運動不足がAGAの原因となる

運動不足は、AGAを発症させたり、悪化させる原因となります。運動不足によって脂肪が溜まっていき、それによって皮脂の分泌も増えてしまいます。皮脂は毛穴の詰まりを発生させ、ヘアサイクルの乱れに繋がってしまいます。

脂肪を燃焼させて血流を改善する

冒頭にも少し触れましたが、適度な運動はストレスを発散させ、脂肪の燃焼を促します。血液の循環も良くなり、その血液を通して髪の毛を生成する毛母細胞に十分な栄養を届けてくれるのです。

これだけでもAGAを予防・改善するには効果的なのですが、さらに汗を掻くことで、毛穴につまった老廃物を出すこともできます。

ストレス発散で血流を改善する

適度な運動はストレスを解消できるという点にも注目です。ストレスが直接抜け毛に関係するのは、円形脱毛症や休止期脱毛等の神経性の脱毛症であり、AGAによる抜け毛とは直接関係がないのですが、ストレスは血の巡りを悪くして、ホルモンバランスを崩してしまいます。

それらの要因が間接的な原因となり、脱毛に至ることは確かなことなので、ストレスを軽減することで、抜け毛の予防や改善にもなるのです。

>>ストレスによる脱毛

ジョギングで汗を流す

運動で汗を流すことで、新陳代謝が活発になり、血行も改善されていきます。脂肪を燃やすことでダイエットにもなりますし、気持ちの良い疲れはストレス発散にも効果的です。

そこで、運動不足の解消のために、まずはジョギングを始めてみましょう。ジョギングをお勧めする理由としては、お金もかからず過剰な運動量にもなりにくい、気軽に始める事が出来る「有酸素運動」だからです。

有酸素運動とは?

有酸素運動とは、酸素を消費する方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動のことで、「脂肪の燃焼」や「筋力・心肺機能」の向上を行なうことができる運動として有名です。この有酸素運動として代表的なものがジョギングなのです。

>>有酸素運動で血流を改善する

まずは軽いウォーキングから

まずは1キロ程を、歩くようにして徐々に体を慣らしていきます。運動不足の状態でいきなり走りこむと、それは「無理な運動」となってしまい、体を痛めてしまいます。自分の体調と相談しながら、1キロから2キロ、2キロから5キロと徐々に距離を伸ばしていくと良いでしょう。また、運動不足で体が鈍っている場合であれば、まずは軽いウォーキングからはじめ、体が慣れてくればジョギングというふうに、段階的に無理なく有酸素運動を生活に取り入れてみてください。

育毛剤や育毛シャンプーだけに頼るのではなく、AGA治療の効果を最大限に発揮するためにも、運動を習慣化させて、心身ともに健康な体を手に入れましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク