ストレスで脱毛する?神経性脱毛症(ストレス性脱毛症)とは?

円形脱毛症と同じく、強いストレスなどにさらされた結果、自律神経のバランスが崩れて免疫異常を起こし、脱毛に至るのが神経性脱毛症です。円形脱毛症と違う点は、脱毛の範囲が不明瞭で、不正形線状や地図状に抜けてくる場合が多いという特徴があります。

原因としては、円形脱毛症と同じく、ストレスや自己免疫反応によって引き起こされます賀、さらに食生活など他の原因が重なる事で、さらにひどく脱毛し、全身の脱毛を招くこともあります。

神経性脱毛症(ストレス性脱毛症)の原因

ストレスによるものと、自律神経のバランスが崩れることによる自己免疫反応が主だった原因考えられており、神経性の血管障害でもあります。これは円形脱毛症でも同様の原因となるのですが、不摂生や睡眠不足といった生活習慣に拠る所も大きいようです。

また、円形脱毛症と違い、脱毛箇所が全身の体毛にも広がる場合もあり、重病化するまえに治療を行なうことが必要です。

神経性脱毛症(ストレス性脱毛症)の治療と予防・対策

ストレスが原因となっている場合は、仕事によるストレスなのか、対人関係によるストレスなのかを判断し、その元を断たなければいけません。

ストレスによる抜け毛のページでも紹介していますが、ストレスは自律神経のバランスを崩し、血行障害の原因となってしまいます。ストレスは万病の元とは言いますが、体調面だけでなく、髪の毛にとってもストレスは天敵となるのです。

ストレスの解消が難しく、今後もストレスを受けながら生活しなければならない状況はよくないのですが、スペクトラルF7という、ストレスホルモンを抑制する育毛剤も販売されていますので、ストレスによる脱毛範囲が無視できない広さになってしまう前に、なんらかの予防・対策は考えておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク