生え際の白髪染め

白髪染めで全体を染め上げても、2~3ヶ月もすると新しい白髪が生えてきます。特に生え際は白髪が生えてくると目立ってしまいますので、新たに伸びてきた白髪をまた染める必要が出てきます。

こんなときに便利なのが部分染め(リタッチ)です。全体染めと部分染めのページでも、部分染めについて解説しましたが、このページでも改めて説明を行ないたいと思います。

生え際や根元はリタッチ(部分染め)で染める

リタッチとは、新しく生えてきた白髪だけをピンポイントで染めるテクニックのことを言います。全体染めを行なうよりも、頭皮や髪の毛へのダメージを少なくする事ができます。また、手間もかなり少なくなりますので、効率の良い白髪染めを行なうことが可能です。

このリタッチに関しては、白髪染めに付属されている説明書にも書いている場合がありますが、以下にリタッチの手順を箇条書きにしてみます。

リタッチは全体染めと比べて、かなり少ない時間と労力で白髪を染めることが可能です。また、以前染めた箇所で、色ムラが目立ってきている箇所がある場合も、このリタッチによって再度染めることもできます。

部分染めを行なった際は、ついでに髪全体に白髪染めを伸ばして馴染ませ、他の色あせた部分にも再度色を入れておきましょう。髪全体の色を自然に馴染ませることができます。

一時染めを使って白髪を染める方法

リタッチによる部分染めが面倒という場合は、この一時染めという方法が効果的です。一時染めとは、スプレー、パフ、ブラシを使って、白髪の表面に一時的に色を塗って、白髪を隠すという方法です。

その日のシャンプーで色は落ちてしまいますので、再度行なう必要があるのですが、お手軽に利用できるというメリットもあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク