AGAによって薄毛になり易い部分とならない部分

AGAは、男性の脱毛症の中では最も多く見られるものです。額の生え際や頭頂部(つむじ)を中心に、年齢と共に徐々に薄毛が進行していくという特徴を持っています。

しかし、薄毛に関して疑問を持ってみると、ふと気がつくことがあります。それは、頭頂部や生え際は薄毛になるのに、側頭部や後頭部は薄毛にはならないということです。これらの部位は、AGAによる薄毛の影響を受けないので、薄毛になることがないのです。

側頭部や後頭部が薄毛にならない理由

この理由に関しては、非常に簡単でシンプルなものです。

まず、AGAの最も大きな原因となるのが、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる活性型の悪玉男性ホルモンです。この男性ホルモンが何故脱毛に繋がってしまうのかは、ジヒドロテストステロン(DHT)と5αリダクターゼを確認して頂きたいのですが、側頭部や後頭部には、このDHTが存在しない、あるいは、存在していてもその影響を受けないために、異常な抜け毛は発生しないのです。

なぜ側頭部や後頭部に、この悪玉男性ホルモンが存在しないのかは、まだ研究中とされていますが、どうやら頭皮の部位によって、この男性ホルモンの影響を受け易い・受け難いといった違いがあるようなのです。

>>AGAによる抜け毛進行の特徴

この性質を利用し、側頭部や後頭部の毛根を薄毛の部分に移植する方法が自毛植毛です。前述したように、AGAの影響を受けない部位を薄毛部分に移植しますので、移植後に再び、AGAが原因で薄毛になることが無いのも、自毛植毛の大きなメリットの一つと言われています。

AGA治療薬のプロペシアの働き

側頭部や後頭部は、DHTの影響を受け難いとされていますが、このDHTが生成されなくするために開発されたのが、育毛剤として最も効果が高いと言われているプロペシアです。プロペシアには、DHTの生成を抑制するための成分、「フィナステリド」が有効成分として配合されています。

簡単に言えば、脱毛の大元となる男性ホルモンが作られないようにコントロールする育毛剤というわけです。育毛剤と言えば、頭の上から毛根にふりかけるようなイメージを持っている方が多いと思いますが、最近ではこのように、飲むタイプの育毛剤も開発されているのです。

さらに、体の内側から作用するために、降りかけて使う育毛剤よりも高い効果が期待できるという特徴もあります。その反面、副作用にも気をつける必要があり、日本では医師によって処方しなければ手に入れる事は出来ません。例外として、輸入代行業者を利用して通販するという方法もあります。

>>フィナステリド配合の育毛剤

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク