オアシス天然シャンプーの泡立ちが悪い場合の対処法

オーセル OASIS天然シャンプーはアミノ酸系シャンプーの宿命とも言いますか、一般のシャンプーに比べて泡立ちは悪い部類に入ってしまいます。

そもそもなぜ泡立ちが良くないのかというと、髪の毛や頭皮の洗浄成分に天然由来の成分を使っており、一般的なシャンプーで利用されている強力な洗浄剤程の高い泡立ちを出すことが難しいのです。言い換えれば「泡が立つ」という現象が、自然界の成分では不自然なことなのかもしれませんが、とにかくこの泡立ちの少なさから、「洗った気にならない」という方も多いことでしょう。

2度洗いでしっかりとした泡立ち

私の場合は、泡立ちが悪いなと感じる場合は、基本的には2度洗いを行ないます。泡立ちが悪くなるタイミングとしては、その日にたくさん汗をかいた、整髪料を利用した、風邪で前の晩にお風呂に入れなかった、等がありますが、基本的には「皮脂」の量が多くなると、髪の毛がオイリーな状態となるために泡立ちが悪くなってしまいます。

さて、前置きはこれくらいにして、私が行なっている2度洗いの方法を説明します。

  1. 予洗い(プレシャワーリング)を入念に行なう
  2. オーセル オアシス天然シャンプーを1プッシュ(多めに)取る
  3. 手のひらの上でシャンプーを十分に泡立てる
  4. 髪の毛を洗っていく
    ※この時点ではあまり泡立たないが、マッサージの要領で頭皮から皮脂を軽く押し出すようなイメージで洗う
  5. しっかりと洗い流す
  6. 2度目のシャンプーでは2プッシュ(適量)を使う
  7. 1度目と同様に手のひらでしっかりとあわ立てる
  8. しっかりとした泡立ちですっきりさわやかな洗い心地を堪能する

以上です。何も特殊なことはしていませんが、プレシャワーリング(前洗い)をしっかりと行なうことはポイントでしょうか。

最初から3プッシュ程、多めにシャンプーを使えばいいのでは?と思うかもしれませんが、皮脂の量が大い場合、それでも泡立ちが少くなってしまいますので、同じ3プッシュでも1度目と2度目に分けて利用する方が良い泡立ちとなりますので、この方法がオススメです。

2度洗いだとシャンプーが勿体無い!という場合

個人的には、市販シャンプーの有害成分によって抜け落ちてしまう髪の毛の方が勿体無いと感じるのですが、少しでもシャンプーを節約したい!という場合であれば、1度目の洗いに普通の市販シャンプーを利用し、2度目にオアシス天然シャンプーを利用する、という方法もあります。

注意点としては、1度目の市販シャンプーが頭皮に付かない様に気をつけてください。2度目のシャンプーで綺麗に洗い流すので、そこまで神経質になることは無いと思いますが、せっかく高級シャンプーで頭皮にとって低刺激な環境を作っているのに、不純物は少しでも混ぜない方が良い結果を得られるような気がしますからね。

髪の毛だけを、「脱脂」するようなイメージで洗うと、2度目の本洗いでしっかりとした泡立ちを得ることができるはずです。利用する市販のシャンプーとしてオススメなのは「いち髪」や「シャボン玉石けんの無添加石鹸シャンプー」です。このシャンプーに関しては、私が調べた範囲ではおそらく市販シャンプーの中でもトップクラスの安全性とオススメ度がありました。オーセルを買う前はこれにしようかなと思っていたくらいです。

※後日、シャボン玉石けんの無添加石鹸シャンプーを前洗い用に購入しました。

>>タンポポコーヒー(たんぽぽ茶)でも薄毛対策が可能?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク