抜け毛・薄毛・脱毛に関する7の伝説を暴く

これは良記事!と思うものが発信されていましたので、当ブログでも紹介します。

記事の中では、脱毛に至ってしまう3種類の症状(AGA、円形脱毛症、炎症による脱毛症)を解説した後、巷で噂されている7つの事例について、医学博士の久保明先生の解説が添えられています。

それらの脱毛症について解説が行われた上で、噂に関する是非を紹介していくという内容の記事です。詳細な内容は記事を読んで頂くとして、この記事を見て感じたことは、自分自身で行ってきたヘアケアに大きな間違いは無かったという安堵感です。

何が正しいのかは自分自身で判断しなければならない

男性の抜け毛の原因は、そのほとんどをAGAが占めると言われています。何をどうやっても抜けてしまう人は抜けてしまうわけですが、その事実に抗うために、育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントや毎日の頭皮ケアなどの抵抗手段が存在するわけです。

AGAは遺伝だから治らない、と言ってあきらめている人もいれば、毎日の運動週間で予防することが出来ると言って、毎日の運動を欠かさない人もいます。しかし、何が正しくて何が間違いなのかは、誰にもわかりません。

運動不足とAGAの関係

しかし、プラスの効果は微々たるものであったとしても、「マイナスの作用は無い」というヘアケアは多いと感じています。当ブログで紹介していますが、育毛シャンプー頭皮の洗い方による毎日の頭皮ケア、規則正しい食生活を送ることの大切さ、ストレスが与える髪の毛への影響等、無意味では無いヘアケアは多く存在しています。

2014年現在、最も確実と言われているAGAの治療方法は、ミノキシジルフィナステリドの利用によるものであると言われています。そして、私自身は、これらの成分の作用を補うために、育毛シャンプーやサプリメント、運動週間等を取り入れていけば良いと考えています。

今はミノキやフィナを利用しない育毛活動を実践している最中なのですが、現在行っているそれらの方法も、機会があれば別記事でまとめてみたいと思います。すでに当ブログで全て書いていることでもありますので、あくまでそれらの内容をまとめるだけとなりますが。

男性にとって二大恐怖と言われる「薄毛」と「メタボ」。特に「頭髪の悩み」はなかなか人には相談しづらいものです。「薄毛は遺伝するのか?」「育毛剤じゃ効果ない?」「胸毛やひげが濃い人はハゲやすい?」ほか、髪が薄くなると気になりがちな巷で噂される「7の伝説」を一般男性は一体どこまで信じているのでしょうか。またそれは正しい情報なのでしょうか。

~中略~

◆伝説①-「遺伝でハゲる」… AGA型には△、円形脱毛症には×
・遺伝で薄毛になる【そう思う81.3%】 ・祖父(父親)が薄毛なら子孫も必ず薄毛になる【そう思う52.3%】

◆伝説②-「体毛が濃いとハゲる」… AGA型には〇、円形脱毛症には×
・胸毛やヒゲなど体毛が濃い人は薄毛になる【そう思う61.7%】

◆伝説③-「スカルプケアや育毛剤は、ハゲに効く」… △
・スカルプケアは効果がない?【そう思わない72.9%】 ・育毛剤では改善しない?【そう思わない58.9%】

◆伝説④-「食事の不摂生でハゲる」… ◎「バランス良い食生活は大事!」
・栄養バランスが悪い食事をする人は薄毛になりやすい【そう思う86.0%】

◆伝説⑤-「ワカメはハゲに効く」… ×
・ワカメなどの海藻類は髪の育成に良い【そう思う68.2%】

◆伝説⑥-「不摂生は、ハゲる」… AGA型、円形脱毛症、炎症を中心とした脱毛、ともに◎
・喫煙・飲酒・睡眠不足は薄毛の原因になる【そう思う85.0%】

◆伝説⑦-「ストレスでハゲる」…AGA型は△、円形脱毛症は◎
・ストレス(精神的・肉体的)は薄毛の原因になる【そう思う95.3%】

【頭髪に関する調査結果を医学博士に聞いてみた】― 抜け毛・薄毛・脱毛について、まことしやかな「7の伝説」をあばく
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000004342.html

これらの伝説の是非については、紹介リンク先からどうぞ。前置きが長くなってしまいましたが、間違った事は欠かれていない記事だと思いますので、一度目を通してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク